悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 年齢に関係なく、自転車の歩道走行は危ないのでは?

<<   作成日時 : 2008/03/09 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

<ブログ記事更新中(Update)> 05.25
読売新聞3月7日朝刊によると、
今春6月から施行される改正道路交通法により
警察庁は、30年ぶりに見直す?

「交通の方法に関する教則」では、
自転車の歩道走行を、
13歳未満の子どもと70歳以上の高齢者には、
例外的に走行をも認めるようです。

【歩道走行の被害者に会いました】
(4日のテレビニュースでは、
自転車の「3人乗り」について、
容認の方向で検討を始めたようで、
警察庁にも揺らぎがあるようです。)

さて、本日、相模原市ふれあい村レストランで
お会いしたご婦人は、歩道を歩いていて
背後から自転車に追突されて、
1メートルほど飛ばされたそうです。

今もバランスが取れなくて歩行に支障が、
あると話しておられました。
みると左足がむくみが、
ひどかったので、改めて自転車の
歩道走行の危険を思い知らされました。
画像
(画像をクリックすると1200万画素画像をご覧いただけます)



【国家百年の計としての交通改革を】
自転車は走りやすい歩道を通行しがち?
でも、何よりも、歩行者の安全を
最優先確保を!

現実に、自転車をぶつけてくるのは、
判断力の弱い小学生か、
ブレーキ操作の鈍い高齢者なのに、
いいのかなあ。この決定は?

75歳でもバリバリと働いている人がいるかと思えば、
介護状態の人もいます。
政治家も70歳以上の人が多い!
こうした元気人も歩道を走行しなければならない?

三つ子の魂、100までもと申しますが、
学校で教える歩道走行。
車道走行は危険と
刷り込まれた(マインドコントロール)

子どもたちは13歳になったら、
車道を走れますか?
とても走れないでしょう。
子どもたちから、サイクリングの楽しみを
奪うのです。

政治には決断が大切ですが、
今、国家百年の計として、
グローバルスタンダードに則り、
交通改革を考えることが大切です。

それは、
いかなる車両も、
歩道を走行してはならないと
いうこと以外にありません。



【改正後の有様】
現行法では通行可能標識がある歩道だけ
自転車通行が認められる。
改正後は「標識がなくても歩道通行が
可能になるので、
乗り入れる自転車がさらに増えることになります。
警察庁のこの歩道走行容認の決定には
疑念が残るのは私だけでしょうか?

追伸1
【これでも歩道走行は安全】
4月22日午前11時頃に調布市国領町の旧甲州街道で歩道を走る高齢者が、
自転車ごと車道に転倒し、
軽乗用車にはねられ、
間もなく死亡しました。

30年ほど前に
車椅子が通れる
歩道運動がありましたが、
いつのまにかバリアフリーも
忘れ去られてしまいました。

警視庁は
@段差のある歩道をなくす。
A歩道幅を、自転車と歩行者が、すり違えるような1メートル20ほどに拡幅する。
B車道と歩道の間にガードレールを設置する。

など警察・行政側のこまやかな愛情がないと、
ふらつきながら歩道を走る
幼児や高齢者の
生命を守れないのがポイントです。

追伸2
【ここまで来た、国民意識】
4月23日18時頃に八王子市内で国道16号線を走行中に、
歩行者がいきなり車道に飛び出してきました。
間一髪で事故を免れました。

これでは、音を出しながら走るとか、
ヘッドライトを発光しながら走行しないと、
警察庁に自転車運転過失傷害でか同致死の疑いで、
逮捕されかねません。

自転車の交通違反は
明確な犯罪です。
歩道走行による事故には、
前科が付きます。

それだけに留まらず、
被害者を失職させたり、
加害者も自転車賠償保険の2000万円では足らず、
家族を奈落の底に叩き込みかねません。

楽しいはずの自転車を、
つかのまの楽しみに終わらせないために、
道中、ご安全に!

追伸3
拝啓 厚生労働大臣 舛添 要一( ますぞえ よういち)様
【遅い対応。国立公園 及び 国定公園 内の道路に自転車専用レーンを】
厚生労働省をめぐる今日の状況は、
連日連夜、非常に厳しいものであります。
さて、現在の社会福祉給付費の増加を穴埋めするために、
現役労働者の負担を増やすわけにも行かない!

これまでに老齢年金支給年齢の引き上げ、
さらに医療給付の引き下げをするしかないのは
衆目の認めるところです。

このため、厚生労働省は
何かと医療費削減を訴えています。
本当は予防が一番効果的なのは、
誰もが認めるところです。

(1)厚生労働省は、介護施設の充実に努めています。
一方、不景気の最中、中高年の国民は休み時間もなく休日もなく、
サービス残業だらけの劣悪な労働条件の中で働かされています。
退職後、こうした人々が介護対象となる
痴ほになるのは目に見えています。

社会福祉給付費増大を抑える介護予防の観点から
労働基準局に加えて、警察権力を使ってでも、
直ちに中高年労働者の労働条件の監視・指導・テレビ等
マスコミもを使って啓蒙活動を忘れてはなりません。

さらに病気にならないためには、自転車の走行やウオーキング。

(2)国立公園 及び 国定公園 の集団施設地区に設置された総合的休養施設
国民休暇村や国民宿舎等が、
旧 厚生省 により自然公園法の公園計画にもとづき
昭和36年度から整備が始められました。


時代は変わり、
自動車からロードバイクに代わってきています。

多くの宿泊施設は、
国民が電車バスで移動することを前提に
建設されましたが、
方向変換を求められています。

『恩給支給開始年齢64歳となったことで、
老後が不安とする中高年の声』を
真摯に受け止め、
『中高年の健康増進を目指す態勢作り』を
急務としていただきたい。

とにかくこの事態では、
メタボ治療に一番効果のある
サイクリングを実践しようにも
高額な宿泊費は大問題です。

借金頼みの宿泊施設運営を断ち切るためにも、
欧米の巡礼路にある宿屋、ユースホステルにならって、
それら施設で働く中高年のボランテアを募って、
5百円ぐらいで宿泊可能にする。

それに対応して国立公園 及び 国定公園 内の
道路に自転車専用レーンを
強力に整備することをお願いします。



追伸4
拝啓 吉村博人警察庁長官 殿
【後顧の憂いがないようにすることを】
長官にお願いしたいのは、
洞爺湖サミット警備・振り込め詐欺対策・大量退職期到来を迎え、
とかく疎かになりがちな自転車利用者対策を
軸とする交通事故抑止対策を!

わたくしの思惑はともかく、
今のうちにきちんと自転車を歩道走行禁止にして、
後顧の憂いがないように
道路交通法を改正しておこう。

自転車利用者の死傷者及びその遺族を救済し、
自転車の強制保険加入。
自転車運転者を一様に犯罪者として扱う赤切符から、
減点制の青切符適用への切り替え。

するなどの抜本的対策を求められています。
道路交通法を整理などして
道路行政に後顧の憂いがないことを見届けて、
いただきたいのです。

自転車を原則、歩道走行禁止とするように
道路交通法改正がなければ、
車道と自転車レーンの間に
防護柵の設置推進など進まない!


中高年には、身も心もお元気であってほしい。
Do your best !


追伸5
もっぱら歩道走行をしている友人が、
対向してきた自転車とぶつかり、
指に怪我をしたそうです。
狭い歩道上を走るとしても、
自転車は一方通行が安全なようです。


追伸6
通学時や買い物時間になると
歩道を爆走する。
車道を平気で逆送する。

さらに夜間は無灯火で危険そのもの。
警察の取り締まりか、
自転車の安全運転指導を!

************************************
一時停止は、止まらないと!

広い道の歩道を走っていた自転車。
狭い道路から飛び出した自転車。

こうした自転車同士の事故を見ていても、
歩道を走っていた自転車は
通行区分違反で過失4割、
一方は一時不停止で6割の過失でした。

歩道を走っていると、
思わぬ加害者になる
ことがあるようです。
http://www.baobab.or.jp/~ggmx/shinchiyaku/z83/jitenshadoushi.html

************************************
自転車の交通ルールについて

YAHOO知恵袋には
日本の学校では
信号機の見方くらいしか教えない。

『ぶつかんなきゃOK』的な自転車マナーが
日本全国、謳歌していますので、
歩行者を交通事故から護るため、
厳しい取締りを
要求しておられます。
同感です。


********************************
70歳以上の高齢者には、例外的に歩道走行を認める?

65歳以上の高齢者が、
今や人口の30パーセントを
占めるまでになりました。

先の道路交通法では、
本当に『13歳未満の子どもと
70歳以上の高齢者には、
例外的に走行を認めるようです。』

今は少子高齢化時代です。
従って自転車に乗っているのは
高齢者ばかり。

だから、いずれ、自転車といえば、
歩道を走るものとなってしまうのが、
目に見えています。

警察庁さん、
段差の多い歩道を
中期高齢者に走らせるなんて、
考えものです。



自転車で歩行者はね書類送検−警視庁」について



自転車ブログが、たくさんあります 。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ

人気blogランキングBanner_04_6人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
一時停止は、止まらないと!
広い道の歩道を走っていた自転車と狭い道路から飛び出した自転車との自転車同士の事故を見ていても、歩道を走っていた自転車は通行区分違反で過失4割、一報は一時不停止で6割の過失でした。歩道を走っていると、思わぬ加害者になることがあるようです。http://www.baobab.or.jp/~ggmx/shinchiyaku/z83/jitenshadoushi.html ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2008/11/03 10:03
70歳以上の高齢者には、例外的に歩道走行を認める?
65歳以上の高齢者が、今や人口の30パーセントを占めるまでになりました。先の道路交通法では、本当に『13歳未満の子どもと70歳以上の高齢者には、例外的に走行を認めるようです。』 今は少子高齢化時代です。従って自転車に乗っているのは高齢者ばかり。だから、いずれ、自転車といえば、歩道を走るものとなってしまうのが、目に見えています。警察庁さん、ダンサの多い歩道を中期高齢者に走らせるなんて、考えものです。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2008/11/03 10:12
自転車の交通ルールについて
YAHOO知恵袋では学校では信号機の見方くらいしか教えないので、『ぶつかんなきゃOK』的な自転車マナーが日本全国、謳歌していますので、歩行者を交通事故から護るため、厳しい取締りを要求しておられます。同感です。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2008/11/03 10:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年齢に関係なく、自転車の歩道走行は危ないのでは? 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる