悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 加藤さんのがん免疫療法

<<   作成日時 : 2008/09/04 19:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

それに 28日午後、I氏から
前述の膵臓癌からの生還者・克服者
「加藤一郎」さんの思索の散歩道(膵臓癌を告知され)
1時間かけて読んで感動したと
電話がありまっした。
それを山之神に話したら
その日に、熟読し励まされました。

その加藤さんは、
『膵臓頭部は、十二指腸と接合している他、
肝臓からの胆管や重要な血管、
神経も錯綜しており、
血管があるので手術はできない。』
と言われたそうです。

だから、もともと7割から8割の方は
外科手術の適応にならないようです。
だから手術してもらえないからと、
変なところで落胆しない!

それに、手術しても、術死や
術後在院死亡することが多いそうです。

 すい臓がん さんの言うように、
完治の可能性にかけたい気持ちや、
少しでも化学療法の副作用が、
半減できないかと期待する
気持ちがたいせつなようです。

【メイ牛山先生の本 ”メイ牛山のもっと長寿の食卓”:菜食主義、必要条件5】
本日夕刻、メイ牛山先生の本が、届きました。
山之神が申すには、
メイ牛山先生も大変だったのですね。
すい臓がんとの闘いは、菜食主義で
身体からいかに早く毒素を
出すかにあるようです。
山之神も、確信を持てたようです。

もとい、1万を越えているCA19−9の値が
どんどん下がってきてこそ、
効果があるといえるのですが、
入院は9月16日ですが、
入院時の血液検査の結果が
待たれます。

ハリウッド大学院大学
ハリウッド美容専門学校 様
ありがとうございました。
それに2003年発行ですので
本当に貴重本でした。
家宝といたします。

【水が悪いと、ガンも治り難い?】
30年目の都市俗説に従えば、
『肉を食べれば酸性の身体。
野菜を食べればアルカリ性の身体。』
実に明快だった。

8年程前のアルカリイオン水ブーム
『一般的に身体を酸性にして
ガン体質にするものとして
水道水も絡んでいる。

炊事も水道水。
水道水には、残留塩素も不純物も多く含まれています。
このような水で炊飯したり、
煮たりしていては、良いはずがありません。
アルカリイオン整水器もそろえないと!』
これも、耳障りが、良かった。

胃の強酸も十二指腸で胆汁や膵液によって中和。
だったら、アルカリイオン水や科学的な根拠は全くない。
「活性水素水」とか「水素豊富水」と改名しても同じ。

所詮は、健康を売り物にしている
会社情報は、危ない、危ない。
平気で素人を手玉に取り、
高価なものを売りつける。

ロード乗りの皆さんは、
こんな時、どうしますか?
買いますか?


「【追補】ガン患者にとっての免疫療法って?」について

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ

人気blogランキングBanner_02人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加藤さんのがん免疫療法 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる