悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 26日木曜日、たまきさんの借りた日本社会事業大学の本

<<   作成日時 : 2009/02/26 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

たまきさんが病をおして
借りてきた本は
エコバックに入っていました。

重量を測ってみると
3.3キロありました。
こんな重いものを
ふらつく身体で
よく借りてきたものです。

今日は余裕ができたので
社事大に本を返しに行こうと
玄関に出てみると
外は寒く小ぬか雨が
降っていました。

根性無しと思われるようですが
また、来週に行くことにしました。

家に入ってラジオを聴くと
明日は雪が降るとか、
底冷えするはずです。

エコバックの中には、
近畿日本ツーリストの
パンフレット:お正月の宿が
入っていました。

高尾駅にある京王観光で
もらってきたもので、
伊豆・箱根・栃木・群馬編です。
一人一泊2万円前後ですが、
命の洗濯と思えば安いものです。

確かにお正月はどこかへ
行こうねと言っていました。

でも、たまきさんにとっては
ホテルか旅館で
のんびりと美味しい料理に
舌鼓をうつ事ができれば、
きっと場所も費用も、
どうでも良かったのでしょう。

叶わなかったたまきさん。
その思いが伝わってきます。


----------------------
借りていた本のリスト

1 精神医学ハンドブック第五版 山下格 いたる著
  日本評論社 2004年

症状:さまざまな病型
治療と援助
主に器質因によるもの
性格のかたより
精神保健福祉法
司法精神医学

義妹にすれば、
精神福祉師の資格を
目指して勉強を
しようとしていたのでは
ないかと言っていました。

でも、たまきさんの性格からすると
介護福祉士の資格や
知識だけでは歯が立たなくて、
職場での問題解決のため
勉強だと理解します。

11月のことですから、
すごく前向きです。


2 現在の精神医学  西園昌久まさひろ著 中山書店 2003年

 付箋のある部分に、
次のような記述がありました。

精神疾患の治療には
治療の場としての建物、
チーム医療とリーダーの役割が大切。

精神科医がチームリーダーとして
期待されているとあります。

リーダーは、デイケアーでも
病棟でも診断のみならず、
患者さんたちがどのように理解し、
どういう判断をし、治療活動について
どのような意見を持っているか
全体として把握していなければならない。

リーダーはチームのスタッフたちが納得して、
積極的な参加意識をもち、
絶えず改善しながら、
患者さんに奉仕していかなくてはならない。

患者さんも治療スタッフも一緒に
会合して話合うべきだ。
なぜなら、病棟は自主的な患者さんの
活動力を回復する場だからです。

そこに依存的な欲求があると、
治療スタッフとの間に
ある種の緊張が起きる。
患者さんを拘束して、
見守っているだけでは、
主旨に反する。

さらに、幻覚や妄想などで治療が
難しい患者の場合には
特に、治療スタッフや
他の患者さんとの接触を図り、
そのことで安心感と
正しいコミュニケーションを得て、
自分を取り戻すような
体験をさせることが必要である。

このように施設側が無理解だと、
善意の横暴となり、
たまきさんが一番嫌う
施設ぐるみの尋常ならぬ虐待が
起きます。



3 精神医学テキスト  上島国利かみじまくにとし
/立山萬里まさと 編集
   南江堂  2000年

 精神科患者への接し方と
臨床症状、精神科における
治療法についてまとめてあります。



4.ネオ エスカ 公衆衛生学 松本和興かずおき、
今木雅英まさひで 編著
  同文書院  2003年

 労働衛生管理についての記述があり、
労災保険制度に興味?

そうした時には、
介護福祉士の職責としても、
介護現場の労災を減らすように
職場改善策を模索していたとしても
何ら不思議はありません。

たまきさんが、気づいていたか
どうか判りませんが、
この本には、衛生統計が載っていました。
それによると、死亡診断書にもとづく
死因別順位をみてみると、
悪性腫瘍は、1950年は第5位。

1952年第3位だったものが
1953年から1980までは第二位。

1981年からは常に第一位となっている。
経済的発展と大いに関連がある。

それまでは、全結核、
肺炎および気管支炎、
脳血管疾患、胃腸炎、
老衰が上位でした。

アメリカのクエカー教徒のように
電化製品、自動車に頼らないで
西部劇の時代に
生活しておれば
ないのでしょか?


 
5 大学社会福祉・介護福祉講座 介護保険制度論
  村川浩一ひろかず、矢部正治まさはる、松井奈美、村田美由紀 編著
  平成18年 第一法規

要介護認定・要支援認定、
介護支援サービス(ケアマネジメント)
居宅介護サービス
介護保険施設
介護予防と地域リハビリテーション
認知症高齢者への介護・支援
介護保険財政と介護保険料
利用者と権利擁護、苦情対処
地方自治体と介護サービス基盤と整備
介護サービスの質と情報開示をめぐる課題
介護保険と各種制度の関連・連携
介護保険改革から2015年への道

この本には、たいした記述がないのですが、
おそらく施設の現状に即して
利用者と権利擁護、苦情対処か
何か、勉強をしたかったのかもしれません。


年賀はがき 購入申込書も
入っていました。
結局は、その後、近くの郵便局で
買ってきてくれましたが。
たまきさんは、すごいです。

最後にたまきさんの勉強のため
長年に渡って貴重な本を
お貸しくださった
日本社会事業大学の図書館の
皆さん、有難うございました。

勉強もさることながら、
日本社会事業大学の図書館の
7人の職員の皆さんにお会いするのが、
とても楽しみだったのでしょう。

それとこのブログが
奥さんをなくした中年が、
人に悲しみを伝えるだけだったら、
心に留めて
とっくに止めています。

このような時代だかこそ、
読んだ人が元気になるような
記事を書かなくてはならないからです。

理由は命の大切さとがんの怖さを知り
大切な奥さんやご両親、兄弟、姉妹に
腫瘍マーカーを受けて
早期発見をしていただきたいからです。

一方、尊い命を自ら絶つ人や
家庭に引きこもる人もいますが、
どうか、命は自らのために使うのでなく
人のために使ってください。
そのためには介護の現場は、
いつでも門戸を開いています。

ホームヘルパーなどの
介護資格がなくても
だれでも就職できます。
必要なのは、人に仕えるという心です。

それと大切なことですが、
特別養護老人ホームを初めとする
福祉施設に勤務する無資格のアルバイト、
パートの皆さん。

ホームヘルパー(訪問介護員)および、
介護福祉士などの介護職員の方、
特に養護施設に勤める介護職員の方は、
ぜひ、半年に一回は腫瘍マーカーを受ける
ことをお勧めします。


母から娘への最後のことば

無理をして身体を壊さないように
健康に気を付けて!




blogエントリーに参加しています。応援をいただける方はポチット投票ください。ロードバイクに乗れるのは家族が元気だからと、家族に感謝している方は、ポチット投票ください。大切な奥さんやご両親に腫瘍マーカーを受けさせたい人もポチット投票をお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ にほんブログ村 病気ブログへ←クリックして投票していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ←クリックして投票していただけると嬉しいです!

人気blogランキングBanner_02人気blogランキング←クリックして投票していただけると嬉しいです!

In 15 years I walked to with YAHOO, development of the internet and the spread, I'm surprised.
Key word of YAHOO:『自転車 悠々 高尾』、『hachibic』、または『 internet hachioji 』
USA http://www.yahoo.com;
JAPAN http://www.yahoo.co.jp>
China 
YouTube


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2月29日母の米寿のお祝いに三重県の多度に行ってきました
「26日木曜日、社事大に本を返しに行こうと」について 今日は東京駅8時50分の 新幹線に乗って 三重県の多度まで 行って来ました。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2009/03/02 00:41
「26日木曜日、社事大に本を返しに行こうと」について
「26日木曜日、社事大に本を返しに行こうと」について (制作中) 明日は雨か雪。 これだったら、今日何がなんでも 日本社会事業大学に 本を返しに行こう。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2009/03/02 19:37
ホームヘルパーの求人
ホームヘルパーの求人やハローワークについての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 ...続きを見る
ホームヘルパー情報ナビ
2009/07/31 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
たまきさんの思い出はいつまでたっても消えないことでしょう。その気持ちが痛いほど伝わってきます。
7年前、信州の父がなくなりましたが、主のいない茅屋にいくと、今にも父が現われてくるようで、いたたまれません。時間が解決するとよく言われますが、消えないものは消えないものですね。
レシピを見ると、たまきさんの教えを守ってしっかりと食べているようですから安心です。
たまきさんの思い出を胸に新しい日々を,
と心から願っています。misuzuya
misuzuya
2009/03/01 03:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
26日木曜日、たまきさんの借りた日本社会事業大学の本 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる