悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS これは痛い。たらの棘が取れました

<<   作成日時 : 2011/08/25 21:56   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一週間ほど前のことになりますが、ごみに出そうと庭を掃除して「チクリー」。何かは、判らなかったが、左手親指に棘が刺さった。

頑張って針で皮膚を開いても出てこない。刺抜きで引っ張り出そうとしても、手が二本では無理、こんな時に三本あれば、抜けるのだが、諦めるしかない。こんなことで、医者に行っては名がすたる。

そんなことで、今日まで我慢していたが、親指に力を入れると飛び上がるほどの激痛が、脳裏に突き抜ける。諦めて近所の医者に行くも、老眼の医者しかいないので無理だという。

夕方になって、どうにもならないので、自分で頑張って見ることにした。赤くはなっていないが、白っぽく膨らんでいるみたい。
画像


針で十字に切開すると、棘が「ピュー」と飛び出してきた。ラッキー!リンパ液を搾り出して、一息ついたところで、記念ショット。巻尺で計るとちょうど2ミリメートルあった。見た目では、0.5ミリ程度に考えていたので、意外と深手の傷でした。

庭には棘のある植物を、植えたがらないのが、これで判りました。たらの芽なんて、自家製だと好きなだけ食べれ豪勢な天婦羅と考えていたのですが!?家には、たまきさんの好きな大輪の赤いバラ、たまきさんが湯豆腐に刻んでいたゆずや山椒、たまきさんの植えたボケがあります。子供には危険ですね。大人だって、ゴム手袋してやらないと、痛いし、足のない植木が、わが家に来たのも何かの縁で、無慈悲に伐採も忍びないので、ゴム手袋して庭掃除をします。


それはそうと、訪問してこの記事を読んでくださった方に、ラジオネタですが、金魚すくいの奥義を伝授?します。
「こい」は斜めに水中に入れ、水平に動かす。こいは金魚の下に来ると、金魚は動きを一瞬、止める。そこで、こいに乗せる。ただし、尾びれは力があるので、こいには乗せない。こいを斜めにしながら、水面から上げる。この極意を使えば、何匹でもすくえるし、たとえ破れても、諦める必要はないそうです。

訪問いただき有難うございました。

小雨にけむる朝、カブトムシの子供と遭遇しました。」について

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これは痛い。たらの棘が取れました 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる