悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 母子家庭って、手厚く保護されていたんだ。これじゃ、再婚したくないはず (´ヘ`;) 

<<   作成日時 : 2011/11/17 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

11月8日に読売新聞朝刊によれば、30歳、4歳、2歳の東京23区内に住む母子世帯で、月額26万3700円の保護費を扶助されている。地方でも、これと差異はないでしょう。

こうしてみると、子どもを持つ女性との結婚は、無理です。月額基礎年金だけの年金生活者なら、「悪いけど、私のほうが収入がいいわね。」と、鼻先で笑われるのがおちである。ましてや、ワーキングプアを言われる働き盛りの男性は気の毒である。汗水たらして働いても、母子家庭どころか、同年齢の女性の方が高収入でとても太刀打ちできません。

福祉に熱心な学会の池田会長は、日本人が気づいた時には後戻りできないように、朝鮮人が日本を握らなくては、ならないと話したようですが、福祉というのは、日本人を結婚、再婚から縁遠くしたり、家庭の破壊だったのかもしれません。

結婚して3組に1組が離婚する現実。離婚した女性は高収入、高学歴、高身長とバブル期の3Kを引きずり、結局は再婚しない現実。子どもは温かい家庭で育てるのが一番ですが、日本人の未来はどうなるのでしょうか!

法律の趣旨からは離れていますが、結果論になりますが、
女性に結婚を勧めるような話をしては、いけないという女性セクシャルハラスメント法。
母子家庭を手厚く守る法律?
女性のことを聞いてはいけない個人情報保護法。
給料、待遇に男女の差をつけてはいけないという男女雇用均衡法。


韓国朝鮮どころか世界中で一番、困難に立ち向かう日本男子たる者、よく考えないと、収まりどころがありません!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
母子家庭そのものが、母親のセイフティネット!?.
「母子家庭って、手厚く保護されていたんだ。これじゃ、再婚してまで、経済的に不自由したくないはずですね。」について 人の赤ちゃんは親や辺りの人間の様子をじっと関心を持って見ています。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2011/11/18 20:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母子家庭って、手厚く保護されていたんだ。これじゃ、再婚したくないはず (´ヘ`;)  悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる