悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 八王子市政と、民度の低い市民にノーを叩きつけて、そうごは明日、静かに閉店します(^-^; 

<<   作成日時 : 2012/01/30 10:45   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

八王子の市長が、決まりました。前市長の悪い因習と置き土産をどう解消して、八王子市を品格のある町にするかが、期待されています。

【前市長の置き土産:市役所OB天国】
ここ20年は、八王子市は駅前に有った空き地に中途半端な箱物を作り続けました。北口には、八王子駅と3キロも続く商店街と結ぶ絆を切断する斧のように、空間を威圧するように聳え立つ再開発ビル:東急スクエア。

南口に税金をたっぷり使って再開発ビル:41階建てが聳U(そび)え立つ。

どちらも駅直結です(*^o^*)そのうえ、目立つところでは、クリエイトホール、学園都市センター、いちょうホールや夢美術館、巨大な地下駐車場、自転車駐車場も作ってしまいました。

建物は、オートロック分譲マンション付きなので、税金で作っておきながら、市民は最上階に上がって展望を楽しむことはできない(^-^; 

そこには前市長のお気に入りのテナント?を入居させてしまいました。ほとんど利用者のいない各施設には、管理する財団(?)法人がいくつも設立、市役所の退職者が多数、理事、管理職として、どんどん就職しました。職員は時給830円のパート、アルバイトかシルバー派遣。役員と従業員の賃金格差は天文学的(^-^; 
市からは一団体あたり、年間20億円が支出されたり、市役所OBには、天井知らずの税金の垂れ流しを市民は、我慢してきました。ところで、こうした団体の役員には定年がなさそうです。


八王子市はごみを戸別収集、分別収集をしていますが、その分時間と手間がかかります。市民は喜びますが、その分をアウトソーシングで経費節減。その成果か?清掃局職員の退職金は3700万円と、市民のうわさが飛び交っています。火の無いところには、煙が立たない。こけても只では立たない。民間企業の中間管理職クラス(課長等)でも、大企業で800万〜1200万、中小で500万〜800万、零細だと400万もあればいい方で、平均が500万円だから、なおさら八王子市役所職員の退職金は、すごいです。税収の山分けです。


一年中、幹線道路を掘り返しているが、幹線道路と幹線道路を結ぶ市道(昔は麦わらを積んだリヤカーも通る赤道だった生活道路)の保守を全くしないので、いつの間にか、木々が生い茂り人がとおる道幅になってしまったり、穴だらけの宅配便の車も擦れて、通過を嫌う有様。市民は、毎日、買い物に行くにも大回りを余儀なくされている毎日です。でこぼこ。

傾斜地の竹やぶや保全緑地を買い上げたり管理しないので、家の裏の斜面の木々が切り倒されて、きじが住んでいた保全緑地がなくなり、がけ崩れを恐れ、庭先に突然出現した無愛想なコンクリートの用壁を目にして市民は泣いています。

どこまでも市民税も固定資産税も都市計画税も、市民に還元されない、市長の弟の土建屋中心の八王子市役所職員の町です。


【市役所職員OBのデオタント】
市役所を退職してまで、年間700万円前後の法外な給料のOB職員。年金と併せて1千万円の収入?税金の二重取りですか。小さな役所を作るためには、ここは市役所、特殊法人の管理職を公募するに限ります!

横浜市立市ヶ尾中学校長に初の女性校長 平川理恵さんが、営業、経営者を経て、今年4月に就任しました。教職経験も教員免許も持たない民間出身の42歳とはいえ、とても、良い仕事をしておられ、教員にも保護者にも評判がよく、職員室が明るくなったといわれています。だから理事長、理事を含めて、管理職を公募することによって、組織の若返りを図る。人生の下り坂にある立場のOBの方はダウンシフターで、職員独特の超高額な年金生活でのんびりと、過ごされてはいかがでしょうか。

ゆっくりと過ごす。好きなことをする。子供と過ごす。
勤務中は出来なかったことをしましょう。こうすることによって、新たな雇用が生まれます。財団への公的資金の注入が必要なくなり、税金を安く出来ます。雇用不安であえぐ市民生活を考えると、何もあくせく働くのが人生ではないですよ。ライフスタイルを考えましょう。


【前市長の利権好きが講じて、地元利便性を超えた商業施設の誘致】
著しく地価の安い創価道場のある八王子インター周辺。その地域の大開発と自然破壊、財政支出の見掛け倒しの削減、地価が上がって租税の固定資産税も都市計画税の大増収と一挙三得(^-^; 
そこには 郊外型の大型ショッピングモールのイオンの誘致など、八王子市の中心地域とするのかと、勘違いするほどの動きで、既存商業地が束になっても勝てない(読売新聞1月11日朝刊多摩版)


【愛想をつかして、国の機関が移転し、しわ寄せで相次ぐ閉店】
地裁、家裁、地検の八王子支部が移転した地区の中華料理店は、平日の昼時は、満席であったものの、今は閑古鳥。長年、営業してきたそば屋、喫茶店、ブッテイクも相次いで閉店した。(読売新聞1月12日朝刊多摩版)

土建屋市長の治世で、八王子は完璧にまで寂れました。
東京都こども病院、八王子税務署、東京都婦人補導院、八王子少年鑑別所、八王子医療刑務所、八王子登記所など、枚挙に暇が無いほど国や東京都の出先機関が、どんどん八王子から移転です(読売新聞1月12日朝刊多摩版)もう失うものは何もありません。3キロも続く自慢の商店街がシャッター通りとなり、周辺都市が栄える中で、一人負けです(^-^; 


【どこまでも前市長の考えることは、行政の私物化?】
首長には過去と未来への責任感を期待されています。「国を発展させる信念の強さ、過去の歴史と未来の国民への責任感だ。我々は亡国の淵からから立ち上がったが、今の人たちは繁栄の丘から歩き出したせいか、歴史への自覚が浅い。」(読売2012.2.1中曽根康弘元首相 指導者考)

八王子の桑の木通りは、八王子駅そごう前からヒヨドリ山まで6車線で一直線に伸びた通りで、凱旋どおりです。道路の両脇には、桑の木の街路樹が植えられていました。でもここに地下駐車場を作ったまでは良いのですが、市長は何も考えないで中央部には駐車場への進入口を設けたしまったので、拡幅のため街路樹を伐採しても片道変形2車線の中途半端な狭い通り。これでは、大勢のランナーが一斉にスタートするマラソンを運営できないのは、痛い市長の私的サポーターのスーパーアルプスの名前を冠した地域駅伝でお茶を濁しましたその駅伝スタート地点は八王子駅そごう前ですが、市民が見送るポイントが無く、どうも豪壮感に欠けます。

したがってゴール地点は、甲州街道沿いの高校のグランドです。蛇足ですが、駅南の高層ビル4階フロアーに、スーパーアルプスを入れたことも、不可解です。これでは、駅北のそごうの立場がなかったです。どうも論功入居ですか。近所の既存のスーパーの存続と雇用に大影響

北口歩道橋は、駅のコンコースの三分の一の幅。最近できたばかりの南口歩道橋は、駅とビル建設会社の打ち合わせなしで、1メートルの段差と、コンコースの二分の一の幅。つまらないところで予算を削るとは笑えません。町田市、立川市にしても、市民が楽しくフルサイズの歩道橋を利用しているからです。


【市役所組合員が決める都市計画?】
八王子の市役所は、ズーッと繁華街の甲州街道際に有りました。『市民の集まる場所で、市役所職員が仕事をし、協働で街造りを進める』こんな事が、どの街でも、行われていますし、有名なところでは甲府市、米百俵(こめひゃっぴょう)による教育にまつわる故事と、山本五十六で有名な長岡市が挙げられます。八王子市でも本来は、放射線状の中通の終点に市役所、中央図書館を移転すべきでしょう。

往時は並木町まで走っていた京王線。京王八王子駅から、甲州街道追分まで伸延長して、人の流れを作って、往時の人の流れを復活する計画でした?が、共産党員といわれる人を助役につけるなど、市役所組合の懐柔手段にたけた市長は、市役所職員3000人の自動車通勤を優先させた?

市役所は長年、市の中心部にありました。課の会議では全員が納得するまで、明日の八王子を語る熱い議論を戦わせ、仕事が終わると、そのまま、上司の奢(おご)りで赤提灯に繰り出す毎日だったそうです。ところが今は、車通勤なので、職員同士のコミュニケーション:ノミニケーションはなし。取引先と酒を飲み交わすことも無くなり、人脈もなし。こうして、ぎすぎすした職場と家庭の往復のみになり、市民との交流は無くなり、市民意識の醸成は軽視されました。話は変わりますが、一昔前までは、公務員は給料が民間に比べて安かったので、年金(恩給)の金額が多かった事を知る世代は、鬼籍にうつりましたが、若者はこのことを忘れてはいけません。

八王子市は東京近郊にあって、人口や住宅地面積も都内で一番恵まれています。それにしても、八王子市は住民税、固定資産税も都市計画税も、出たなめ高い。特に、地価が四分の一になっても、おいそれと半額にも減額しません。原因は市役所の高コスト体質です。日本でもダントツ待遇の八王子市役所の一般職員の定年退職金は59.28ヶ月で2732万円、平均給与は46.173万円(49.3歳)、年収は平均757万円、年金は27万円(広報2010年1月15日→最新版は見たことがありません民間会社の社長顔負けです

厚生労働省の2011年度公務員年金試算では、40年間勤務して定年退職した公務員の給料をボーナスを含めて36万円です(読売2012年1月31日)全国平均なのでしょうそれから比べても、八王子市は49歳にして給料が10万円以上、退職金は2000万円も高いところで、固定資産税も都市計画税を八王子市では職員が山分けしていると、うわさされている折りしも、大阪市長は市職員に年21億円超を支出している持ち家手当てを廃止する方針を決めました(読売2012年1月31日)

こうしたご時世ですが、公務員の年金には10年度で年間2兆円の追加費用を国家予算から支出され、保険料率は低くても、年金額は多い特権が与えられています。それに八王子市民の財布の紐を緩めるためには、固定資産税減額は不可欠です。サラリーマンだった60台の方の敷地面積は100平米。基礎年金は月5万円。皆、八王子市が吸い上げる。前八王子市長は、一般会社員のことなど、考えないで職員の給与を裁定してきたことが推定される。


【会議は踊れど、結論は出ず】
八王子市庁舎の4階には、立派な会議室がいくつもあって、人数に応じて使えるようになっている。しかしどの会議室も、市民が想定するよりも大きい。3人くらい入る会議室もある。これは市民感覚では講堂である。市役所に電話を入れると会議中と断られた経験は無いでしょうか。午前中いっぱい会議など、ありえあない。会議は発言する人がいて成り立つが会議は生産性を上げないし、営業活動を妨げる。吟味して、減らすにこしたことはない。

市役所が管轄するOBが管理職を占め特殊法人にも、朝から晩まで机にしがみついていることが、散見されるが、営業活動をいつするのかといぶかられる。職員は休暇を100%消化。市民感覚ではお荷物法人に税金が運営資金として垂れ流されるし、利益を出すと問題だから、営業活動をしないそうである。

こんな財団が、ごろごろした八王子市民は、いくら税金を払っても、市民生活が良くなるはずは無い。
利益がでてもよい。補助金を返上すれば、済む問題である。公立図書館業務の民間業者への委託が増加しているが、経費が下がった分、職員の給料を上げる?こんなばかばかしいことが、行われている。営業をしないと、財団の存亡にかかわるような緊張感が欠けている。補助金を年々、加速度的に減額しないと、小さな市役所はいつまでたっても、できない。

「みんなで渡れば怖くない、赤信号」。職員による組織的な税金のピンハネである。経費が下がった分、日本でもダントツの八王子市の所得税、市民税を下げないと意味がない。実は前市長の作った箱物には、こうした法人がごろごろしている。

@発言しない人は電子メールで議事録を回覧するだけで足りる。
A発言も配布資料を長々と会議で読み上げるのでなく、事前に配布して目を通しておく心がけが必要である。
B会議の発言時間は一人15分として6人で所要時間1時間半が、限界である。
C無駄な会議をなくして、市民サービスに接する時間を増やす。



【多摩地区最大の都市の表玄関としての品格無き八王子駅周辺】
八王子市中心部から地元丸木百貨店、伊勢丹、松坂屋、大丸、ファーム、西武、丸井、長崎屋、ダイエーと大型店が、次々と撤退しました。(読売新聞1月10日朝刊多摩版)都市計画と箱物つくりには、整合性がありません。さらに、丸井の撤退したビルには創価系の飲食店、パチンコ、ゲームセンター、カラオケが入居。駅前をケバケバシイ雰囲気にしています。今、八王子駅で下車するのは、気づくとギャンブラーと風俗店。八王子駅近所の風紀は激変し、警察官の服装をした防犯パトロールのボランテアが10人一グループで、日夜、巡回を余儀なくされています。尻拭いは駅周辺の商店主のみなさんです(^-^; 

駅の降車客は、創価関係者と、杏林、創価、工学院、純心大学の学生だけになりそうです。この方たちが、そごうの客層になるとは思えません(^-^; 八王子市でデパートとして、唯一、2008年には「おしゃれな上質都市型百貨店」。「WE LOVE HACHIOJI」のマインド を掲げ、約30億円をかけて初の全館リニューアルしてまで、営業を続けたセブン&アイ傘下の(株)そごう・西武 そごうからの四半世紀を超える歴史に幕を閉じる三くだり半だったのでしょうか。



【私ならこうする、市街地再生】
今、中野区は駅前を市街化調整をしている。まだ、新しい中野区役所や、数々のコンサートが行われた名物建物の中野サンプラザを壊して、新しい市街地を作るものです。最近、よく行われるのは、建物に分譲マンションを付随させて、開発予算をまかなおうとする「六本木プラザ」方式です。これだと、八王子駅前と同じで都市景観が失われ、マンション住民にだけしか、高層ビルの眺望権がありません

市民の宝である景観を保ちながら、開発する国立、立川、町田方式が、優れている。景観は条例で高さを制限すればよいというものでないことが、みてとれます。八王子市も、中野区に習い、駅を降りた瞬間に窒息しそうになる駅前に建設した東急ビルや丸井ビルを壊し、品格ある景観を確保する必要があるのではないか。いちょうホールを壊してここに市役所や中央図書館やプラネタリウムのある子供科学館を戻す。八王子駅から京王八王子駅経由で多摩御陵まで路面電車を走らせますか



【金に汚い?晩節を汚して八王子を滅ぼす前市長】
いつまでたっても責任を持って町づくりの方針を生み出せない。この市長は市民サービスとして、家具転倒防止金具を先着何名に無料配布しますと、子供だましの飴玉懐柔を平気でします。前市長を選挙で破った時は、堂々と退職金問題を取り上げて当選したのに、ちゃっかり2700万円の退職金を3回も満額懐にしている違和感。

長老大物政治家に諭されて四選出馬辞退声明に追い込まれましたが、その挙句は、八王子の恥です:後だしじゃんけんよろしく、土壇場で無所属立候補予定者が都議選で選挙対策責任者を務めた先輩を、自分の後継者を指名。これは醜い。自民党、民主党市議団の推薦を取り付け、公明党を自主投票に追い込み、共産党候補の締め切り間際の立候補させる?前市長はうまい!

政治家の世界は、一寸先は闇。
敵の敵は味方。
魑魅魍魎(ちみもうりょう)を連想します

開票結果 現職市長指名後継者74,273
       市政ノー無所属62,673
       助役系?共産党17,619 
投票率   34.95%

市の広報は、発行費用を下げたと前市長は自慢!
実は、配布を新聞折込から、一人2000円で、市長より年上のシルバーに委託しただけ!

何それです。会社で管理職をしていた方ばかりで、携わってきた業種も様々です。年金生活ですが、働く気力とボランテア精神に満ちています

だからといって経費削減は、シルバーに配布作業を委託することでないでしょ。中途半端な箱物を作らないこと、大盤振る舞いの給与削減とか、乱立の法人を解散など事務の無駄を省くことには、事欠かないでしょ
シルバー委託では、雇用も生まれないから、八王子に人集めも、中心街復活どころか、元気な八王子づくりはできません!


【前市長の政治倫理無き八王子市政】
こうした巧みな懐柔手段で、市議会総与党化して右向け右で誰も異を唱えなくなり、読売新聞によれば、市の公共工事の99%を弟の会社に発注した。弟の会社が入札が難しいものは、市長専決処分で発注し、事後に不足分を支出する(^-^; (読売新聞1月13日朝刊多摩版)市民を白けさせます。その方法は、条例を定めて入札価格を情報公開と称して初めから公開し、入札者の中から、八王子市への貢献度という尺度で、落札者を決定する。

さらに問題なのは、工事の検査が適切に行われているか?建設会社とて得意、不得意があるが、99%と何でもかんでも受注。ところが、市長の親族会社では、職員に真剣に検査は期待できるか?走れない体育館。渡れない橋。雪が積もったら崩れる建物。雨漏りする建物。耐震不足の校舎。終日使える公衆トイレの無い箱物。土留め工事の技術不足で、車幅の狭い立体交差道路。

顔をみると、孫を猫可愛がりする老骨爺い。往々にして爺は、身内しか大切にしないから、首長には、向いていない!選挙で選ばれたら、何をやっても許されると私利私欲が先んじれば、もはや老害でしょう。

父親も土建屋上がりの市長経験者。で途中辞任。世襲前市長は、後継者に裏切られて弟の会社が傾いたら、どうするのかな?だから後継市長候補を指名し、弾譲した市の公共工事の99%を弟の会社に発注した前市長。写真を眺めていると、何だか、家康を呼んで俺の息子を頼むといった秀吉に似ている。人間の肉体年齢は髪の白髪の割合で分かります。肉体が若いと精神も若いし、馬力が出ます。八王子の市長はどうでしょう?
画像

年寄りから年寄りへ後継。八王子広報誌より引用


他市では、国民保険加入者の人間ドック半額補助を実施しているのに、八王子市は、昭和30年代のがん検診でお茶を濁す。この按配で、人でのかかるごみの個別収集と公共工事優先の出鱈目でひどいものです。新市長は、土木工事ばかりしてないで、他の都市がどのような政策をしているか、満足度はどうか、治安はどうか、市民生活に目を向けてください。


前市長が三選を果たしたとき、市長親族企業の大量受注が市を挙げて大問題となった。その結果、八王子市議会は八王子倫理条例を制定したが、他市が「受注を辞退する企業の役員の範囲を配偶者と二親等以内」と規定している所を、実情に合わせて「一親等以内」と歪めてしまった(読売新聞1月13日朝刊多摩版)二期目から市長は、悪いことを始めました。市長は一期が限界です。そんな市政にノーを叩きつけて、八王子市の市政ごとくで自民党を離党してまで立候補した無所属市長候補者。よほど八王子が好きなのでしょう。気の許せないみんなの党に抱きつかれて落選。お疲れ様でした。

親子二代に渡って八王子を私利私欲で食い物にしてきた関係者とその公認後継者、特に老害が、八王子を語ることは、片腹痛し。これからの4年間、どのような市政をしてくれるのか、静観したい。民意を訴えるような対立候補がでなかった府中市も同じでしたね。八王子市民を食い物にする市政を後継市長が、継続を選択しないことを祈ります(^-^; こんなことを書きたくないのですが、市長候補から選挙期間中に何回電話がかかってきたかを、投票の基準にする民度の低い組織票?

何年か前にそごうは全国的に閉店していました。でも、八王子市の描く都市開発ビジョンに期して、八王子市にだけは残りました(*^o^*)そごうさん、民度の低い八王子にお付き合いをありがとうございました。市民を代表して惜別の辞とします

駅伝に参加されるみなさん、頑張って!


厚生労働省の毎月勤労統計調査の2011年結果では、パートの現金給与額は、月額9万5614円でした。雇用形態は常用労働者数に占める割合はパートは28.2%でした。(読売2012.2.1夕刊)



人が変わる、街が変わる?狛江の市民運動と市民派市長の誕生
ふこく出版
岡崎 泰治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人が変わる、街が変わる?狛江の市民運動と市民派市長の誕生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(週刊ポスト)一般人は800万円、弔慰金差別への大疑問(-。-;) 
「八王子市政と、民度の低い市民にノーを叩きつけて、そうごは明日、静かに閉店します(^-^; 」について この度の震災で人の命を助けようとして殉職した方には2660万円、同じように近隣住民や社員の非難を見届けて死んだ民間人には、災害弔慰金500万円と遺族特別支給金300万円だったそうです<(_ _)>  ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2012/02/06 10:23
お世話になった八王子市SLバーセンターを退会しました
昨日の朝降った雪も、解けました{%雪webry%}。仕事には自転車で出かけましたが、路肩にはまだ、雪が残っています。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2012/03/01 21:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八王子市政と、民度の低い市民にノーを叩きつけて、そうごは明日、静かに閉店します(^-^;  悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる