悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 働く庶民は、保育園に入るためにの涙ぐましい努力をしていた(^-^; 

<<   作成日時 : 2012/03/05 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝のNHKラジオで産み月が有るのを紹介していました。早速、ぐーぐるとこんなコメントがbabycom保育園VOICEback1見つかりました。「働く母親なら逆算して妊娠するのが常識。実際、0歳児の4月入所組は4月〜8月生まれの子が多い」

さらに読み進むと、こんな記事もありました。保育園は実際に子供が生まれていないと申請は出来ないし、産休明けから預かってくれる保育園だってあっても、4月入所の申請時期が11月だからだそうです。

**************************
育児休業中の保育園(駄) (4) : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
保育園に入るために私がやったこと どんぐり 2009年10月23日 11:45
1.出産と同時に低福祉地域から高福祉地域へ引越し
2.産休のみで育休返上
3.産休明けから半年間は民間の保育園を利用(保育料8万円/月)

認可保育園に入れるために以上のことをやりました。引越し先は人気のない区ですが福祉が充実していて都心に近いため通勤の時間短縮になり、こうして良かったと思っています。

認可保育園には1〜2歳児より0歳児のほうが入園しやすいと聞いたので、育休を返上して生後2ヶ月から民間の保育園へ(認可保育園へ申し込む時に有利だから)。自転車で20分もかかる場所だったので電動自転車も買いました。そのかいあって、晴れて8ヵ月後に認可保育園へ入所できました。私の子供の園にも育休中に3人も子供を産んだ方がいます。(通算6年以上の育休?)結局保育園も仕事も、早い者勝ち・既得権の世界にあるものなんですよね。

第2子育児休暇中です。 のえ 2009年10月23日 12:33
22日 21:32 のトピ主さまのレスまで見ました。
上の子(3歳)の保育を継続しつつ下の子の育休中です。

>兼業・専業の選択の出来る立場にいるあなたは自分を幸運だとは思いませんか
はい、幸運だと思いますが、その幸運を得るために最大限の努力をしてきました。

1.就職活動のときに女性の産休・育休に理解のある会社を選びました。
2.国家資格をいくつか取得し、育休をとりやすい環境を作りました。。
3.家事・育児に協力的な伴侶を選びました。
4.いざというときの両実家への根回しをしています。
5.妊娠中はきつかったですが、予定日1月前まで無欠勤です。
6.保育園に入りやすいように引越しをしました。
7.保育園に入りやすいように産み月も調整しました。

ほかにもありますが、ざっとこんなところでしょうか。自治体ごとの保育園の制度も第1子出産前にじっくり調べて、
第2子育休中に第1子が継続可能なことも確認済みです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
働く庶民は、保育園に入るためにの涙ぐましい努力をしていた(^-^;  悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる