悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆☆☆H26/10/01従兄の想い出の岐阜ドライブ同行記(5日間)。撮影:オリンパス XZ-1

<<   作成日時 : 2014/10/12 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

従兄に誘われて岐阜へ。
10月1日
朝7時に迎えに来るのを待つ。
来た車を運転して高尾から
圏央道に乗り東名へ。

東名鮎沢下りPA(パーキングエリア)で休憩。
ここの売店には登山道具が
山の店顔負けにそろっていた。
.店の係りの人が言うには、
富士山、丹沢の登山者が
立ち寄るからだとか。

鮎沢を出て、第二東名に入る。

上郷SAで食事。
家内と東京ー大阪を往復する度に、
仮眠をとるのに利用したSAだ。

名古屋ICをでて、名古屋第二環状にのる。
案内が『楠』とあって、紛らわしい。
清瀬西ICからでる。

カーナビを頼りに右往左往したが、
祖父江の老人ホームで従兄の叔母を同乗。
本巣町に向かう。

途中、本巣の老人ホームに
従兄の叔母を見舞う。

従兄の母親の実家に行き、
同乗してきた叔母を下す。

日記を今は書いてない。
でも、叔母の実家も旧家だが、
従兄も、ともに家族史を綴っていたのには、
感激した。

家の日記(記録)には親戚の誰が生まれた、死んだはもちろん、
何年何月に、親戚の誰と誰が、訪問してきたか。
誰がいつ、何の病気で入院したか。
誰が入学、卒業し就職したか。
日を追って簡潔に綴られているのだ。

昔はどの家庭も、そんな本を書いていて、
珍しいことではなかったが、
家族疎遠な現代もいたとは驚いた。

画像
本巣市は富貴柿の産地で、柿の木が至る所で実もしたたわわ

北方町の木賃宿に立ち寄り、
途中で見かけたイオンマーケット?に戻る。
そこにある飲食店で、お茶漬けを食べる。

30年ほど目までは、JR駅前に安くて
料理の美味しい木賃宿は結構あったが、
駅前の再開発と経営者の高齢化で見かけなくなった。
この宿も工事関係者で4室とも満室だ。

10月2日
従兄の実家で、親族をピックアップ。
途中、NEOキャンピングパークで小休憩。
ここで働く若者は、本巣から2時間かけて通勤!?

元気な若者たち、小学校の野外活動で
キャンプでのカレー作りを支援していました。
画像

福井県境の上大須ダムに向かう。
紅葉狩りだ。
画像

帰りは、根尾の長寿桜『根尾谷のウスズミ桜』、
画像
公園整備されるまでは、根元まで田んぼだったようだ。それが良かったのか、誰にも判らない。


根尾の断層見学。
地震で地層が6メートルも隆起したのだ。
自然のすさまじさが伝わってくる。
画像
看板の右と左は、同じ高さだったらしい

画像
写真には写ってないが、窓越しに全掲の看板が見える


やなで遅い昼食のアユ料理をいただく。

実家で親族を降ろし、
周りを散策する従兄に同行。
仮眠をとって、実家を後にする。

イオンマーケット?に立ち寄り、
果物を買い、
そこで食事を済ませて木賃宿に戻る。
連泊だ。

10月3日
宿を後にして21号線を西進して関ヶ原へ。
画像


牧田川を下り
親孝行な息子が泉の水を汲んだら
酒に変わったという伝説のある養老の滝を目指す。
画像


12時に約束の従兄の父親の実家に向かう。
途中で東京に前日いたはずの従兄から電話があり、
岐阜に戻ったとのことで、従兄の家に行き先変更。

みんなで実家に向かう。

このあと従兄の運転する車に先導されて
岐阜市内へ。
従兄の車を旧ワシントンホテルで駐車。

一台で、従兄のいる関市に向かう。
地元の居酒屋で食事、
スナックでカラオケで旧交を温める。

夜10時を回り、宿屋への帰路につく。
従兄を旧ワシントンホテル前で別れて、
この日は芥見にあるホテルに投宿。
カーナビに住所を打ち込んであるのだが、
田舎道で右往左往。
日付は4日になっていただろうか。
着いてみるとちょっとリッチなホテルだ。

10月4日
朝食は、ちょっと上品過ぎて
ボリュームが足らない。

食事を終えると、従兄が見送りに来た。

高校時代に訪れた白川郷と
郡上に行ってみたいという
従兄の立っての願いで、
東海北陸道を白川郷へ。

途中、ひるがの高原SA(サービスエリア)で昼食。
白川郷IC到着。
画像
世界遺産になったことで海外からの観光客が多い

画像

画像

展望台に行きたいとのことで同行。
画像
期待通りの写真が撮れました

行きはシャトルバスで待ち時間を入れて30分、
帰りはなんと近道を使って徒歩15分で戻れました。
画像
皆さん、来る前に、情報誌によく目を通していますね。展望台までの近道を使って徒歩で上ってきてました


遅くなったが郡上八幡ICを降りて
郡上八幡散策。
あたりは暗くなっていましたが、
それでも店は開いていました。
旅人に暖かい町です。
画像


もちろん宗祇水(そうぎすい)にも行った。
古代人の水に対するこだわり。
現代の公衆衛生にも通じる。

飲み水、米とぎ水、食器洗い水と
3つに別れた水槽があった。

水源に社を築いて大切に祭る。
初子を連れた家族連れも
お参りに来ていた。

スマホ撮影時の定番「monopod」で、
集合写真撮影していた。
ワイヤレスシャッター機能を
付いたものも有るらしい。
画像


この日は頑張って岐阜市内に戻り
金園町のビジネスホテルに投宿。
前にあるイオンで弁当を買って夕食を済ます。

10月5日
柳ケ瀬の茶店でモーニングサービスで朝食。

渋滞する橋を早朝に渡って、
会社近くの喫茶店で朝食をとった
名古屋、岐阜の生活習慣。
安くて豪勢だ。

金華山ドライブウェイを上る。

50年前にできた道路なので
現代と規格が違って狭い。
途中で岐阜城に歩いて行こうとしたが、
従兄がギブアップ。

ドライブウェイの終点にあった
展望台で写真撮影する。
画像
織田信長の心境。晴れていたら、100万ドルの夜景?


従兄に運転を交代して
ふもとに戻ってロープウェイで岐阜城となったが、
長良橋方向に行き過ぎてUターンしたところで
ポリスストップ。
従兄は標識には注意深いほうだったが?

ここで、岐阜城を諦めて
運転を交代し東京への帰路につく。

国道21号線は離れて
岐阜羽島へ進路を取る。
途中、若い中国人の一団。
近くに紡績工場でもあるのか?

岐阜羽島から名神高速道路に乗り
上郷SAで昼食。

どこからか雨。
酷い雨だ。

御殿場ICを越えて小山付近だ。
都夫良野(つぶらの)トンネル付近に近づくと
低速の車列が左側車線を走っている。
日曜ドライバーだ

高速に慣れない従兄は
最左車線の低速車列に入ってくれ

事故多発地帯なので追突されてはたまらないので、
四車線ある中央ラインをスイスイと
吾妻山トンネルも通過。
長い山北の下り道を80キロ程度の速度で下っていく。

【圏央道】
圏央道の進入路と
厚木ICの出口が一緒だ。
これは判りにくい

途中で先に、厚木IC出口が左に別れる。
圏央道は直進だ。
事故多発なのもうなづける

圏央道に入ると道は狭小になり
防音壁に囲まれ視界はない。

【高尾山IC】
峡谷に作られた高尾山ICは
さらにややこしい。

ループを回っている内に方向感覚ゼロ
高尾山出口で町田方向は、
左へ左へと進路をとって
八王子南バイパスに抜ける

帰宅したときには午後4時を回っていただろうか。

ヘビースモーカの従兄もタバコを
多少セーブ?させられたかも
5日間、お疲れ様でした。

ポケットを見ると、スマートキーリモコンが入っている。
慌てて携帯に電話して取りに来てもらった。
機械キーと違って、キーレスは勝手が違う。
ドアノブタッチで運転席のドアは開いても
助手席のロックが外れないことも多発した。

【後方縮小バックミラー】
老婆心ながら一言、呈した。
従兄は後方から自動車が相当に接近していても、
平気で割り込んだり、減速することだ。

これでは追突されても、パッシングされても、
クラクションを鳴らされても
文句を言えない、危ない。

原因はバックミラー(ルームミラー)にありだ。
幅は標準サイズだが、視野がワイド仕様なので
遠近感が捉え切れず、
後方の車が小さく見え、
視認性が劣るのだ。

こんな欠陥品を高齢者に
売っているトヨタに問題アリだ。


因みに小生のは280mm(10インチ)ある。
画像
amzonで見つけた290mmの物で¥1,405と廉価だ。


最近の商品は液晶モニター内蔵ミラーもあり、
中華製の偽『日立製高画質』でも7千円前後で
オークションで見つかる。

でも国産は高いが安心だ。
画像
日産「エクストレイル」「エルグランド」のディーラーオプションのミラー


マークXの後継車。

車体はカローラ程度の大きさだが、
エンジンは3000cc。
高速を走っても燃費は悪い、
運転者にはわからないが、
同乗者には加速が急激過ぎて乗り心地が今一。


リアにギアを入れると
勝手にドアミラーが下を向く。


この車の設計ポリシーは興味深い。

自転車ブログが、たくさんあります 。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←クリックして投票していただけると嬉しいです!
人気blogランキングBanner_04_6人気blogランキング←クリックして投票していただけると嬉しいです!












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「☆☆☆コンパクトカメラは、『オリンパス XZ-10』にしました
「☆☆☆コンパクトカメラ『FinePix S9200』の通販会社を新聞でみました。」について 『オリンパス XZ-10』には、HD動画撮影ができて、その上、手ブレ補正機能有なので、自転車には装着できる。やはり、防塵機能と防水は、非対応だから、優しく使おう! ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2014/10/14 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆☆H26/10/01従兄の想い出の岐阜ドライブ同行記(5日間)。撮影:オリンパス XZ-1 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる