悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党谷垣禎一幹事長(71)サイクリング中に転倒し、救急入院。

<<   作成日時 : 2016/07/20 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160717-00000001-ann-pol
自民党の谷垣幹事長が16日、
サイクリング中に転倒し、病院に入院した。
谷垣氏は午前、皇居の周辺をサイクリング中に転倒し、
救急車で都内の病院に搬送された。

本復と政務復帰をお祈りいたします。

谷垣氏はサイクリングが趣味で、
自民党の総裁だった2009年11月にも
多摩サイクリングロードをサイクリング中に
『転倒して』、 左目の周辺を縫う怪我をしている。
この時は、道路を逆走してきた自転車に
接触されて押し倒された。


谷垣氏は60年の自転車歴で
100キロを平均速度30km/hで
乗り熟すサイクリングの勇者だ。
超党派国会議員でつくる
「自転車活用推進議員連盟」と
「日本サイクリング協会」の
会長でもある。


今回も単独事故とは思えない。
脊髄を損傷していることから、
後続車が乗り上げた複合事故のようだ。
政治家や有名人は加害者が
強く、泣き寝入りだ。

【警視庁】
自由主義にあっては何が起きるか判らない。
このため政権の安定運営には、
要人警護は不可欠でしょう。

東京マラソンの時には、
警視庁にはロードバイク部隊が
街頭警備にあたった。


総理まで務め、与党の幹事長まで
務める政府の要人 谷垣氏が、
警視庁に露払部隊を要請しなかったのが、
不思議でならない。

谷垣氏のように無防備の
自転車にのる政府有力者に
対する不逞の輩の合法的テロもありだ。

偵察隊が携帯で衝突部隊に連絡して
子どもをスケボーで飛びこませよだ。
何だかグリコ森永事件の際の
ロッ○謀略部隊の子供の登場に似ている。

一例だが、こうしたテロには無防備だ。
テロに勝つのは、警備努力と、中国共産党の
ネットテロ部隊のように、通信傍受以外にない。

一方、超一流リーダー達の
健康キープ法はジョキングです。
オバマ大統領の訪日時の早朝ジョキングには、
警察・警備員が伴走した。


二度目の自転車の谷垣氏の自転車事故事案では
白バイで先導するか、ロードバイク部隊が
伴奏するなど要人警護も不可欠
だったのではないでしょう。

伴走して走る警察官が、
信号の変わり目で、隊列から切れてしまうようでは
警備上、不味いので、最後尾の警察官が渡り終えるまで
信号は青でなければならない。
交差点に近づく赤から青に
ならなければならない。

昨年、八王子市から奥多摩市までを走る
国体自転車レースが行なわれたが、
区間ごとに通過する時間が決められており、
15分間を信号を制御して通行止めにした実績が
自治体・警察にある。


中央大学の競輪部員10名ほどが、毎朝、北野街道、甲州街道を
時速30キロほどで走って行くが、
通過時間は30秒もかからない。

否、警視庁広しといえど、
平均時速30キロで
走れるような猛者は居ない。
断じていない。

小生でもじそく甲州街道40キロを
月に二回以上走行するが20キロ弱だ。

逆走してくる自転車はともかく、
ロードバイクのスピードを甘く見て、
人も自転車も飛び出す。
渋滞区間や交差点では、
いきなり幅寄せして停車する車が多いことか。
直前を左折したり、対向車線から右折してくる車も多い。
危険が一杯だ。 


時速く30キロは、都心では警察の露払い部隊を
先導させる以外は止めた方が良い。
パトカー、白バイの次は、
赤色灯とサイレンと拡声器と無線を装備した白チャリだ。

小生の私見としてサイクリングしていると、
逆走してくる輩がやたらと目に着く。
後方の自動車に気をつけて、
右に舵を取って避けてはいるが、
車が近づいてタイミングが悪いと
避けきれず、転倒する恐れがある。


ロードバイクは、足がペタルに
固定されているので突発事故に
対処できない。
それでも常に停車できるよに
心がけて走行することが
求められている。

全国行脚する日野正平氏の
サイクリングスタイルは参考になる。
何台もの撮影カメラで撮影していると
相手が怯み事故を未然に予防できるのだ。

小生もドライブレコーダ代わりにカメラに、
記録しながらの走行を心がけている。

ともかく趣味や旅行は後の仕事のことも
考えて、万全を期して楽しんでもらいたい。
まして、政権与党の幹事長ならなおさらだ。

都知事自民党候補が当選圏から外れて
消化試合に入った現状では、
東京を離れられない
谷垣氏の心労が痛いほど伝わってくる。

【警視庁】警察も怖れない信号無視、逆走する悪質自転車運転、
後方確認なしで急に右にクランク走行(?)して追い越し妨害したり、歩道から車道に飛び出す粗暴自転車運転、
自転車に幅寄せし急停車したり、路肩、自転車走行帯に駐停車する自動車の取り締まり強化をお願い致します。


甲州街道を走って行くと
多摩霊園交差点付近に
フレームが折れた折り畳み自転車が
遊歩道の下に放置してある。
国民消費者センターのデーターから、
この自転車の持ち主も、脊髄を痛めて
救急搬送されたことが想像される。

ご安全に!
自転車ブログが、たくさんあります 。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←クリックして投票していただけると嬉しいです!
人気blogランキングBanner_04_6人気blogランキング←クリックして投票していただけると嬉しいです!







 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党谷垣禎一幹事長(71)サイクリング中に転倒し、救急入院。 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる