悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKが韓国製低速圧搾ジューサを宣伝していたが、品質は?

<<   作成日時 : 2017/08/02 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今までのジューサーミキサーは、
カッターが高速回転するために、
音が煩くて、空気を巻き込んでしまうのが、
欠点だった。

たまきさん愛用のオスターのは、
煮干しを砕けるだけ割って
騒音は相当なものであった。

【NHK照会内容】
公共放送NHKが、午後のごごナマ 夏のパワードリンク
体が喜ぶ特性ジュースという番組の時間で、
シュレーと韓国の家電会社の商品の
販売PRを紹介していた?
画像


放送では、3分間、電子レンジで
処理したかぼちゃを入れ、
終わってから、シソの葉を丸めて
ほりこんでいた。
細かく切る必要がない!
レモン、リンゴ、ニンジンを丸ごと入れれる!
ポリープのできやすい腸の粘液を
守ってくれる長芋も丸ごとほり込む。


『スロージューサーは、果物を
ひき臼で潰すように絞るので、
空気を巻き込むこともない。
摩擦熱が発生しないので、
栄養価が保たれる。

付属品のスムージートレーサーを使うと、
食物繊維を残したジュースを絞ってくれて、
不溶性食物繊維を摂取できる。』




NHKに納品したものは、特別仕様らしく力があるようだ!




【グーグってみた】
早速、グーグテみた。
韓国のヒューロムの製造するスロージューサーという
商品で、普通のミキサーの5倍ほどの価格である。
健康に良いものなら、価格は厭わない(いとわない)。


早速、カスタマーレビューを読んでみた。
皆さん、
韓国企業特有のネット上の典型的な
ステマ手法:ヒューロム絶賛記事

に乗せられて購入しているようだ。


やはり、韓国製らしい雑な造りに
感じ取れた。
韓国製に良心的を期待するのは的外れなようだ。
また、当たり外れが、あるようだし、
プラステックが変形してしまうようだ。



1.2か月も経つと、プラスチックが、
変形して指が痛くなる程、力を入れても
ドラムが外せなくなった。

中身はちゃちいが、葉物を絞れないし、
8か月も使うと動かなくなったが、
メールを出しても無視されて、
アフターサービスを全く期待できない。


2.コップ一杯分のジュースでも、
その都度、細かい部品が多く一つ一つ洗わないと
目詰まりするので、後片付けが大変だ。
時間がないと使えない。

毎回、丁寧に洗浄しないと、
雑巾の腐った臭いに悩まされる。
さりとて、部品点数が多いので、
食器乾燥機を占有してしまう。




3.キウイは、全て搾りかすとなり、ジュースが絞れない。


4.2012年製、2014年製、2016年製モデルが,
堂々と併売されている。
更に、再生中古品もメーカー販売されていて、
価格もさほど差がなく、型名からは素人目には判らない。
年度によって、付属品、構造が変わってきているが、
在庫整理の為と言えど、よくやる。

消費者のことなど、二の次でモラル欠如なのだ。
HUROM H-AA-RBA17 (2016モデル)
HUROM H2H-RBA11 (2014モデル)
HUROM HU-400 (2012モデル)


5.付属品に欠品があった。


6.2週間ほどしたら、異音がしだした。


7.使ってるうちの、ジュースの量が半分くらいになってしまい、
カスが増えた。



8.一気に入れると回転が止まる。
韓国製なので材質が悪いので、
樹脂製スクリューが欠けたりして、
故障の原因になると考えて、
大ものは2センチほどに切り、
柑橘類は果皮を剥いて4ツ切りにしている。

それでも、4ヶ月で壊れた。
スクリューは消耗品と言われ5000円で購入した。
届いた商品はなんと突起の部分が倍大きく改良されており、
欠陥を隠し改良された物を売りつけられた。

20万円の業務用は作りが本気モードで
品質が各段に素晴らしいようだ!



9.にんじん+レモン+リンゴが定番ですが、
にんじんはカスが多くて使えない。


10.絞りカスをクッキー、ヨーグルト、カレー、
スープ、卵焼きに入れて無駄にしていないが、
後始末の時に、洗い捨てられるカスがとても多い。


11.押し棒で押し込まないとなかなか吸い込まない。
スクリュウーが吸込まずに、押し返してしまうようだ。


12.故障しても、「保証修理(1年以内)でしょう」と云うと、
「保証書は本体(モーター部分)のみでジューサー部分
は消耗品につき有償修理」との事。呆れました。


13.OPEN/CLOSEのレバーがきゃしゃで、変形する。


14.全く動かない商品が届いた。




でも、この韓国に東芝の半導体分野が、売却される。



それにしても、40年前から、
たまきさん愛用のジュースを作るための調理器具は、
手間いらずだったのを思い出した。
引っ越し荷物に紛れ込んだ
オレンジ絞り器をここ26年、見かけない。


ジュースを度々、作って飲ませてくれたし、
たまきさんにとって、子どもの健康を考えた
離乳食、おやつ作りには、不可欠だった。
支点が壊れるほど、使い込んだ。
画像
オレンジ絞り器

画像
グレープフルーツ絞り器

画像
ニンニクつぶし器、ショウガ絞り器

画像
ガラス製のレモン絞り器

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKが韓国製低速圧搾ジューサを宣伝していたが、品質は? 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる