全国で災害備蓄品の医療用品が、中国に贈られてしまうなんて、想定外。中国は戦略備蓄品として、日本に贈ってくれず(トホホ)

日本でいう災害備蓄品を
中国は、バイオ戦争を想定して
戦略備蓄品と位置付けている。

日本も、それなりの対応が、
必要ではないでしょうか。


1月に中国で、武漢ウイルスが、猛威を振るった。
何を思ったのか、日本の自治体首長は、
競って、災害備蓄品を中国にジェット機に
満載して贈ってしまった。

4月現在、医療機関は、
キャップ
マスク
防御服
フェイスガード
靴カバー

がない。

このため、
履き替えることもままならず、
院内感染が全国で頻発している。

院内感染の起きた病院では、
感染した医療関係者を自宅待機にしている。
スタッフ不足で外来診療も中止!

今回、靴下のアツギが、
マスクの生産の陣に加わった。
だが、設備はともかく、
材料となる不織布とゴムバンドの
国内生産が追い付かないようだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント