悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS 去る1月28日夜8時42分、天国に召されました。・・・・、そして後日談

<<   作成日時 : 2009/02/08 11:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 30 / トラックバック 1 / コメント 6

1月25日日曜日の朝
八王子医療センターから
電話がかかってきた。
取る物もとりあえず、
病院に駆けつけました。

28日夜8時42分、
私たち家族に見守られて
天国に召されました。

名前を一生懸命呼んだり
励ましたりしましたが
血圧はドンドン低下していきました。

理屈無しで好きになって
結婚して31年。
あまりにも突然な死。
短い人生。

幼稚園の先生(=福祉)から
授産施設まゆだまで働きながら
ホームヘルパー2級の
資格をとりました。

就学児養護施設一二三学園ひふみ、
特別養護老人ホーム(福祉施設)町田美郷、
多摩大和会、青梅長渕苑。
そして永生病院で働きながら
NHK学園専攻科で介護福祉士の
資格をとりました。

中年養護施設では、
伊勢崎の東京福祉大学に通いながら
社会福祉士、ケアマネージャーを
目指していました。

中年精神障害者の福祉には
体力もさることながら、
虐待防止には、
患者さんの心理状態を
正しく把握する必要があると
思ったのでしょうか!

精神保健福祉士資格の
必要性を痛感して、
11月には病気を押して.
田無の社会事業大学に
でかけました。

強烈な意思で参考書を
何冊も借りてきました。
でも読むだけの体力は
もう残されていませんでした。

パートの多い職場では、
予期できないローテション変更で
夜勤も連続することもありと、
気の休まらない。

忙しい勤務の中で、
元同僚が結婚しただの
出産しただの聞くと
お祝いを持って、す飛んでいく。

娘の同級生や教え子の
結婚や出産も
自分のことのように
喜び駆けつける。

昼時の訪問者には
自ら近くのスーパーまで
片道10分を歩いて
お寿司を買いに行ってくれる。

遠方より人が尋ねてくれば
泊めてあげて自慢の
弁当までつくってしまう。

幼児、母親のない子や
弱いものにとくに親切。
人を喜ばせるのが
何より好きなようです。

そのくせ、自分のためには
時間もお金も使わない。
弁解も相手を攻めもしない。

いつも特価品と手作り洋服。
特価品も得意の裁縫で
器用にオンリーワンに
仕立て直してしまう。

沖縄で中学の大浦先生から
言われた幼稚園の
先生になりなさい。
このことばを
終生大切にし、
家族と人様のために
生涯をささげました。

ところで彼女が
入院した病院は
ターミナルケアーを
行わない病院にも関わらず
入院中は大勢の先生と
看護師さんたち。

前向きな生き方を否定しない
手厚い看護と、
常に体力維持に努める。

良くなるんだという希望と
退院したら介護現場に
復職するという夢を
持ったまま天国に召されました。

29日10時に家内は
大勢のお医者さん、
看護師さんたちに見送られて
病院をでて安置所へ向かいました。

1985年8月31日朝に、
娘が大阪大学付属病院で
逝去しています。
日航機が墜落した年のことです。

小児科の先生と看護婦さん全員かと
思えるほど大勢の皆さんに
なぜか見送られました。

このときは長い闘病生活で
家族も離散。
身も心も疲れ果て、
ふがいなく挨拶もできず。

循環器センターの部長先生が
わたしに代わって
挨拶をしてくださいました。

ここはしっかりと
家内が心で支えていてくれたのか、
不思議と挨拶できました。

途中、10時20分復職を
願っていた八王子療護園、
日よけ取り付けの叶った自宅、
10時40分に長年、勤めた永生病院を回り、
娘が10年間通った共立学園に
立ち寄りました。

養護施設もくば館八王子養護苑では、
大勢の職員や寮生の見守る中、
理事長の「ご冥福をお祈りします」
ことばで見送りをいただきました。

永生病院では
一緒に働いた看護師たちの、
お見送りをいただきました。

寒い中でしたが、
家内の万感の思いの残った場所、
ともに働いた皆さんとも、
思いがけず
こうしてお別れできました。

家内はこうした暖かい職場で
働いていたかと思うと車中で
涙が留め止めなく溢れてきました。

告別式は2月4日
八王子斎場で10時30分から
大勢の教え子や、
介護現場でともに働いた同僚など
130人を超える皆さんに囲まれて
中野のキリスト同信会の
牧師さんの司式で行われました。

これには50人ほどと、
予測した葬儀屋も
人があふれて
100人収容の斎場が
縮んで見えた。.

来てすぐに帰る方や
途中で帰る方が
いなかったとも驚いていましたが、
一番驚いたのは私たちでした。

画像

今更ながら、
家内の人柄を偲ぶと
やりきれない。
酌めども尽きぬ涙。

文句を言われても
造り甲斐があった食事も
きつい。

玉子焼きに入れし、
食べてよねと植えしねぎも
しょっぱい。

焼きさんまか、
さしみか、はたまた
芋の煮物ばかり。

家内のからっと揚った
美味しい天ぷらと
手作り餃子、唐揚げ、
ぶりの照り焼きが
ほんとうに懐かしい。

ありがとう。ありがとう。
♪大好きなたまきさん♪

ここ数年は休暇が会わず、
きみが口癖に言っていた
アメリカのYASUおばさんの所はおろか
佐渡のとき、旭山動物園を含めて
どこへも行けなかったし、
何もお礼を言えなかったけど、
ありがとう。

楽しかった思い出をありがとう。
君がいたからこそ、
好きなこともできたし
楽しい人生がおくれたよ。

ほんとうに君に出会えて、
良かった。
ありがとう。


後日談になりますが(H21.2.16)
沖縄をでた時から書き続けてきた
備忘録の一ページに赤字で
聖路加(せいるか)国際病院の庭には、
『皆に仕える者となりなさい マルコ10章44節』
人間の命とは寿命のことでなく、
各自の持っている目には見えないが、
自分(人の間違い?)のために使える時間のこと。

人のためにどれだけ使うかが、
自分の命を充実させること。
これが仕える者の態度であると
申します。


遺品を整理していた娘が見つけて
母の生き様とぴったりと、
感激して話してくれました。 


22日、昼に座って漢方薬を喜んで飲み干しました。穿刺(せんし)」について

blogエントリーに参加しています。応援をいただける方はポチット投票ください。ロードバイクに乗れるのは家族が元気だからと、家族に感謝している方は、ポチット投票ください。大切な奥さんやご両親に腫瘍マーカーを受けさせたい人もポチット投票をお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ にほんブログ村 病気ブログへ←クリックして投票していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ←クリックして投票していただけると嬉しいです!

人気blogランキングBanner_02人気blogランキング←クリックして投票していただけると嬉しいです!

In 15 years I walked to with YAHOO, development of the internet and the spread, I'm surprised.
Key word of YAHOO:『自転車 悠々 高尾』、『hachibic』、または『 internet hachioji 』
USA http://www.yahoo.com;
JAPAN http://www.yahoo.co.jp>
China 
YouTube







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅の花が咲きました
昨晩は嵐のように 夜吹いていました。 向かいの山には 梅の林があります。 ...続きを見る
ロードバイク買っちゃいました悠々バイシク...
2009/02/21 10:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
人の評価は亡くなってから定まるといいますが、生きている間に評価される人もいます。たまきさんは数少ないその一人です。
2月4日はそのことを証明した日であり、そんなたまきさんを天国におくるに相応しい日でした。
たまきさんを中心にした3人のご一家の素晴らしい日々が目に浮かんできました。生前にお会いしたかったとしみじみ思います。

悲しみが身体中から溢れているようなお嬢さん、そのお嬢さんを優しく抱きしめているお婿さん、万感を込めてあいさつされたご主人の姿……。
たまきさん、安らかにと心から願っています。そして3人のご家族がたまきさんの精神を受け継いで、新しい日々を創造して欲しいと思います。

misuzuya
2009/02/09 03:33
みすずかる地から、いつもご訪問いただき有難うございます。いつも励まされます。

天国に行って子供と一緒にいると判っていますので、安心して三人で新らしい生活を模索してみます。
hachibic
2009/02/13 23:54
hachibicさん はじめまして。

私のブログに気持玉を付けて下さって
ありがとうございます。

hachibicさんは奥さんを亡くされたの
ですね…お辛かった事でしょう。
とっても幸せなご家庭だったんですね。
きっと奥さんもhachibicさんも優しい
方なんでしょうね。

これからも宜しくお願いします。
happy
2009/02/18 18:30
最近更新をなさっていらっしゃらなかったので心配しておりました。

驚きました。悲しいです。
御冥福をお祈り致します。

ほのぼのブログ http://doublehaven.com/
りぶ@ほのぼのブログ
2009/02/18 22:52
happyさん
サイドが健康に煩いより、
happyさんのように、
子供を含めて人に喜ばれることを
するのが、何よりも薬ですよね。

ところで家内の健康を気遣いすぎたようで
良い夫だか、自信がありません。
頑張りましょう。
hachibic
2009/02/20 18:29
りぶ@ほのぼのブログさん

ご訪問と弔意を有難うございます。
貴重な記事を家内は、
隅々まで読ませていただいており
どれほど励まされたかわかりません。
有難うございました。
hchibic
2009/02/25 15:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
去る1月28日夜8時42分、天国に召されました。・・・・、そして後日談 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる