悠々HACHIBICのロードバイシクルライド

アクセスカウンタ

zoom RSS なでしこ世界一、ありがとう。私たちは諦めません。

<<   作成日時 : 2011/07/19 10:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

(この画像をクリックして、出現した画像の右下隅をゆっくりと
マウスでなぞるとアイコンが現れます。この小アイコンをクリックすると、
小石まで見える1200万画素画像をご覧いただけます。)



今朝の新聞にはなでしこジャパンが、
PK戦を制して米を破り世界一に
なったことが報じられていた。

選手たちは準々決勝の直前に、
全員で被災地のビデオを見て
代表としての使命感を確認しあったという。

被災地の方は、延長戦で主将MF沢穂希(ほまれ)選手の
ゴールで同点に追いつくと、手をたたいて喜び、
PK戦でも「がんばれ、がんばれ」と応援し、
選手たちの一生懸命な姿に
元気をもらえたと涙ぐんでいた。

その結果、沢は大会MVPと得点王。
GK海堀あゆみはプレーヤーオブザマッチ。
日本チームはフェアプレー賞が贈られた。
やった!
日本人は姑息なプレーをしないのだ。

実は選手たちは、昼働き、練習は夜だけ。
遠征費も捻出できず、
国内合宿も分散、景気悪化で
所属企業クラブの休廃部と、
厳しい生活を強いられてきた。


画像

(この画像をクリックして、出現した画像の右下隅をゆっくりと
マウスでなぞるとアイコンが現れます。この小アイコンをクリックすると、
小石まで見える1200万画素画像をご覧いただけます。)



岩清水選手は決勝戦前に
「いい知らせを東北に送りたい」と書き込んでいた。

Supernova☆〜岩清水梓のblog〜

祖母は「頑張ったね、と声をかけたい」と
ハンカチで目頭を押さえた。

二度もリードされながら、
本当によく追いついた。
シュートがバーをたたくなど、
日本は運に助けられた。



津波から必死で逃れた時に足を骨折した方は、
「負けそうになっても粘る姿に、
『復興に向かって立ち上げれ』と言われている気がした。
早く治して仕事を探したい」と笑顔を見せた。
久々の明るいニュースでした。(以上、読売新聞朝刊)


ロイター通信が報じている敗れた
アメリカのGKホープ・ソロは、
祝福コメントで日本が東日本大震災からの
復興を目指していることに言及し、
「何か大きな力が日本をあと押ししていたと思う」とコメント。
さらに「勝ちたかったけど、我々以外のチームが優勝するならば、
それは日本であって欲しいと思っていた」と語り、
日本の勝利を祝福した。






ありがとう、なでしこジャパン。

 わたしたちは日本国民に主権が、戻るまであきらめないね!

    I LIVE JAPAN.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なでしこ世界一、ありがとう。私たちは諦めません。 悠々HACHIBICのロードバイシクルライド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる